読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある三流プログラマーの覚書

機械学習、自然言語処理を中心にIT系の話題を書いていく予定です

人工知能に置き換えられる職業について考えてみた

2016年4月に考えた人工知能に置き換えられる職業

はじめに

ITmedia「人工知能に置き換えられる職業と置き換えられない職業」という記事を見つけました。

元ネタは、野村総研が2015年の12月に出した「2030年の日本に備える」というレポートらしいです。

12月から4か月が経過して、AlphaGoがトップ棋士に勝利を経た現在、人工知能に置き換えられそうな職業は増えているのではないかと思ったので、2016年4月時点の私の予想を書いておきます。

なお、個人的な予想であって、特に根拠はありません。

置き換えられる可能性が高い職業は変わらないと思うので、置き換えられる可能性が低い職業について考えてみます。

人工知能に置き換えられそうな職業

アナウンサー

時間内に正確に原稿を読むというのは、コンピュータの得意とするところです。

インテリアコーディネーター、スタイリスト、旅行会社カウンター係

個人の嗜好に合わせた最適な組み合わせを提案するのは、データが揃えばコンピュータの方が得意そうです。

コピーライター

広告コピーを作る人工知能はすでにあります。データが揃えやすい分野だし、いずれコンピュータの方が上になるでしょう。

作曲家

作曲する人工知能もすでにあります。これも新しい音楽を作り出すくらいの才能がないと、苦しいでしょう。

音楽教室講師、大学・短期大学教員、日本語教師

MOOC(大規模オープンオンライン講座)的にトップの人の講座を、いつでも、どこでも受けれるようになっていくでしょう。

街の音楽教室や、トップ以外の大学教員なんかは苦しいのではないでしょうか。

インテリアデザイナー、グラフィックデザイナー、ジュエリーデザイナー、etc

どれがどんな仕事かよくわかってないのですが、データが多く、組み合わせ数の少ないデザインは、いずれコンピュータにもできるようになりそうです。

ネイル・アーティスト

3Dプリンタ的に手を入れたら、ネイルアートを施してくれる機械はできそうです。

人工知能に置き換えられるのが最も遠そうな職業

アロマセラピスト、ソムリエ、料理研究家

デジタルデータ化されていない分野は、コンピュータには何もできません。

視覚、聴覚はデジタルデータ化が進んできていますが、味覚、嗅覚、触覚はまだまだデータ化されていなので、この分野は当分人間の仕事でしょう。

映画監督、レストラン支配人、etc

ものごとの全体をデザイン、設計する仕事は人間の仕事です。

監督が思い描く映画を作るために、人工知能が利用されるのであって、コンピュータが映画を作りたがったりはしません。

小学校教員、フリーライター、etc

子供に勉強をさせたり、対象に取材をするなど、相手に何かさせるというのはロボットには難しいと思っています。

まとめ

よくよく考えると、ほとんどの仕事が、いずれはコンピュータにもできそうな気がしてきました。

つまり、これから先の時代は、いわゆる人工知能を使いこなす人とそうでない人には大きな差がつく時代になっていくのではないでしょうか。

というわけで、ますます機械学習の勉強に対するモチベーションが上がったので、考えてみてよかったです。

未来を予想してみるというのは、ほとんどが外れるとしても、意味のあることだと思いました。

 最後に

どんな仕事なのか、よくわからない職業がたくさんありました。

なんとなくイメージで書いているので、間違ってたらすいません。

あくまで、個人的に考えてみた覚書です。